成人の振袖にこだわりたいあなたに贈る、とっておきのレンタル術

会場を確認

どの会場なのか、確認しよう


成人式の前に、大学や就職のために一人暮らしを始めると、
住民票を置く市町村がかわりますよね?

住民票を目安にしているため、 現在の住民登録地から案内が来ることがありますが、
「実家がある地区に参加できる」という決まりがあるため、
地元の成人式に参加して何の問題もありません。

しかし、参加したい市区からの案内が手元にない場合、会場がわからないこともよくあること。

必ず、成人式の会場は事前に確認しておきましょう。
市町村によっては、長年同じホールなどで行われているため、確認しなくてもわかる、
ということもあり得ると思いますが、参加者の人数によって変わることも稀にあります。

会場の確認には、 市区のウェブサイトを確認しましょう。
また、年明けには区報などにも会場への案内が書かれていますので、
それをチェックするのもいいでしょう。
 

引っ越した場合は?


私の友達で、高校生の時に転校してしまった友達がいました。
成人式会場で、その子に会ってびっくり!
その子は引っ越し先のほうで参加すると思っていたからです。

その子の話によると、招待状が来たのは、引っ越し先の市からだったようです。

でも、引っ越し先にはあまり友達がいないため、
引っ越す前の市に問い合わせたところ、快く会場変更?を引き受けてくれたのだとか。

それぞれの市区によって違いはあるものの、
必ずしも現在の住民登録地で参加するものではなく、
旧住所に友達が多く、そちらに参加したいのであれば、それでも問題ないようです。

注意点としては、記念品を配布している場合は、
事前に市町村へ連絡しておかなければ、記念品の贈呈を受けられないこともあるよう。
市区役所への申告は、なるべく早めに済ませておきましょう。

時間にも要注意!


人数が多い地域だと、会場によって午前、午後の部の2部制になることもあるようです。

そうすると、誘った友達が時間が違った部に参加することもありえます。
会場に一緒に行ったのは自分だけ入れない・・・なんて悲しすぎます。

そんな失敗をおかさないためにも(苦笑)会場のみならず
スタート時間もチェックしておきましょう。
 

 
HOME » 成人式までの準備 » 会場を確認
成人式で着る振袖はレンタルで賢く