成人の振袖にこだわりたいあなたに贈る、とっておきのレンタル術

写真はどうする?

記念写真を残そう


振袖を着用する機会もなかなかないですので、ぜひ記念写真に残しておきましょう。

当日、着付けが終わったら写真屋さんに急ぎ、
撮影してもらう、という方も多いと思います。

しかし、その日は多くの人が同じ行動を起こすので、 写真屋は確実に混みあいます

美容院で着付けをお願いするよりも回転は早いものの、
より多くの人が利用すると思っておいた方がいいでしょう。
そのため、 かなり前から予約しておく必要があります。

秋に予約をしてもすでに埋まっていることもあるので、なるべく早め早めが肝心。
写真屋やスタジオによって いつから予約が可能か違うので早めに問い合わせしておいてもいいですね。
 

前撮りをしよう


成人式の晴れ姿をきちんと記念写真として残しておきたいものですが、
当日写真館に行ってバタバタと写真を撮るのは、なかなか大変!

成人式のそのあとは友達と盛り上がって写真館で撮影というわけにはいきませんから、
当日撮るとなると、やはり着付けとヘアメイクを済まして、会場へ向う道すがら…ということになるのでしょう。

  • 私のおすすめ!前撮り

振袖レンタルに前撮りをしてもらえるプランもあり、
最近では前撮りすることが一般的なようですね。

前撮りとは、成人式の日ではない前の日に、
写真屋さん、フォトスタジオなどで、ヘアメイクと着付けをした状態で撮影をすることです。

そこでレンタルして着付け&ヘアメイクをしてもらえる場所もありますし、
他の場所で着付け&ヘアメイクをして撮影するというプランもあります。

成人式に出席しない人も、こういった形で20歳の記念を残すことが可能です。
また、家族や友人やペットなどと一緒に撮影することも可能。
記念に残る一枚を、余裕のある日に撮ってみてくださいね
 

デジカメも忘れずに


いくら自分をキレイに残しても、やっぱり成人式で出会う友達もたくさん撮っておきたいですよね!
成人式に参加して、つくづくデジカメは必須品だったな、と思っています。

最近では、ピンボケも手ぶれも防ぐ高機能なデジカメが販売されていますが、
私は何枚か失敗しちゃったんですよね~

特に成人式ってたくさんの人がいて、撮りたい人にピントが合っていない、ということもあり得ます。

そうならないためにも、デジカメのフォーカスモードの設定を
「オート」から「中央一点」に変更します。
あとは、撮りたい人を画面の中央に持ってくるだけ。

成人式などのイベントの時って、撮りたい人を端に持っていくなんてオシャレな撮り方はしないと思うので、それを前提にした方法ですが
間違いなくピンボケ写真は避けられるので、おすすめです。

 
HOME » 成人式までの準備 » 写真はどうする?
成人式で着る振袖はレンタルで賢く